2013.07.18

今夏、富士山における利用者負担の社会実験について

●目的

来夏の富士山の利用者負担の本格導入に向け、必要なデータを収集するとともに、本格導入のために解決すべき課題を整理するため、今夏の夏山シーズンにおいて、富士山登山者に対し、社会実験を行います。

●名称

富士山保全協力金

●使途

富士山の環境保全、登山者の安全対策

●期間

平成25年7月25日(木曜日)~8月3日(土曜日)

●時間

午前9時~午後6時(アンケート調査は午前9時~正午まで) (注)吉田口:7月26日は午後1時~午後6時

●場所

富士宮口五合目、御殿場口新五合目、須走口五合目、吉田口五合目

●対象者

山頂を目指す登山者(任意での協力を呼びかけ)

●金額

基本1,000円

●その他

1.富士山保全協力金に御協力いただいた方には、缶バッジ、記念ガイドブック(静岡県のみ)、領収書をお渡しいたします。

2.アンケート調査に御協力いただいた方には、ボールペンをお渡しいたします。