2016.07.04

富士山頂の様子(7月1日現在)

富士山日記第41号(執筆者 環境省 沼津自然保護官事務所 橋本)

7月1日(金)、吉田口登山道が吉田口山頂まで開通しました。

昨年は暴風吹き荒れる開山となりましたが、今年は穏やかな天気だったので、吉田口登山道は賑わったのではないでしょうか。

一方で、富士宮口・御殿場口・須走口登山道(八合目までの下山道含む)及び富士山頂周回線歩道(お鉢めぐり)と富士山頂公衆トイレは、7月10日(日)からの利用開始となり、現在は利用開始のための準備をおこなっている状況となりますので、ご了承下さい。

富士山頂の様子(7月1日現在)

現在、富士山頂は『吉田須走口登山道を登り切ったところから吉田須走口下山道入口まで』利用可能です。
吉田須走口下山道は、7月10日(日)から利用開始のため、下山する際は吉田須走口登山道をご利用下さい。

詳しくは下記をご確認下さい。

7月1日から10日の通行止め解除まで、上記お知らせの×印の場所には、下記写真のようにロープを設置し、通行止めとしております。

7月1日:通行止めロープ設置(撮影:橋本)
吉田須走下山道脇のお鉢めぐり歩道上に設置
7月1日:通行止めロープ設置(撮影:橋本)
久須志神社側のお鉢めぐり歩道上に設置

お鉢めぐりの標識も未設置であり、剣ヶ峰下には残雪もあります。

7月1日:剣ヶ峰下の残雪状況(撮影:橋本)

施設が整うまでお鉢めぐりの利用はされませんよう、お願いいたします。