2019.07.10

富士山の全登山道が開通になりました!!

富士山日記第71号(執筆者 環境省 沼津管理官事務所 松岡)

7月9日に吉田ルート、7月10日に須走・御殿場・富士宮ルートの登山道と山頂周回線歩道(通称:お鉢巡り)がそれぞれ全線開通となりました。

私は昨年に引き続き開山に合わせてお鉢巡りの巡視を行っていました。
今年も御来光目当ての登山者が大勢おり、日の出をみて歓喜の声を上げていました。
この日の早朝は霧がかかったようになっており、御来光も綺麗でしたが富士山麓の山々にシルクをかけたように雲が覆い、幻想的な風景を作り出していました。

▲山頂から見た御来光

ほとんどの登山者は御来光を見た後にお鉢巡りをしますが、その際に注意する必要のあることについてお知らせします。

山頂歩道に限らず全般的に言えることですが、今の時期は歩道上にほとんど雪がない時期です。そこで注意が必要なのが落石です。岩や石との間に雪があったものが融けて支えが無くなってしまい、少しの衝撃で落石を引き起こし、事故につながることがあります。自身の足元や頭上をよく確認して歩行するようにし、ヘルメットを着用するようにしてください。

また、先日の「お知らせ」(詳しくは下方のリンクより)でも情報共有しましたが、成就岳付近の登山道の脇にある土留め柵が一部損傷しているため、歩行には十分注意してください。

▲成就岳付近の登山道の様子

富士山は御来光や山麓の風景などの美しい景観を楽しめる場所ですが、その中に一定のリスクがあることを再認識し、安全かつ楽しい富士登山にしてください! 下記のリンクからは富士山の基本情報や富士登山を豊かにするための情報がたくさん載っています。富士登山をする前の情報収集にぜひとも使ってください。 皆さまの富士登山がより良いものになることを願っております。 引き続きよろしくお願いします!!